債務整理を考えるタイミングとは

借金があるからと言って、必ず債務整理をしなければならないほどの問題が生じるというわけではありません。厳密に言えば、クレジットカードでショッピングをするのも借金ですし、家を住宅ローンで購入するのも借金です。しかし、返済が問題なく出来るのであれば、こうした借金はトラブルにはつながりません。
ただ、無計画に借金を重ねると、いずれ返済が苦しくなっていきます。なぜ苦しくなるのかというと、多重債務に陥ると必ずと言っていいほど、毎月の返済額が増えていってしまうからです。
たとえば、現在、消費者金融から50万円借りているとします。毎月の返済額が2万円として、その2万円を通常の収入から出すことが出来ないので、他の消費者金融から10万円を借りて、そこから返済したとします。すると、10万円を借りたことで一時的には余裕が出来ますが、元の債務にプラスして10万円、借金が増えてしまうので、翌月からだいたい60万円分の利息プラス元金を返済していかないといけなくなってしまいます。こうしたことが繰り返されると、いずれ、利息の返済だけで10万円近くになってしまい、それだけ返済してもまったく元金が減らないという状況に陥ってしまうのです。
こうなってしまうと、よほど収入が増えない限りは債務を返済していくのは難しくなります。なので、利息の返済だけで精一杯というのが債務整理を考えるタイミングとしてはぎりぎりのところだと言えるでしょう。利息だけでも返済出来る状況であれば、債務整理をして利息がカットされれば、確実に元金を返していくことが出来るからです。
ただ、後の生活を考えると、債務整理を考えるタイミングは出来るだけ早い方がいいです。なぜかというと、そうした方が支払う利息が少なくて済むからです。債務整理をしたとしても、基本的に払ってしまった利息は返ってこないので、出来るだけ払わない状態で整理をした方がいいのです。
では、タイミングとしてはどこがいいのかというと、返済分を他社からの借金で行うようになったらということになるでしょう。借金を借金で返済するようになると、一気に債務が増えて完済するのが非常に難しくなります。勿論、新規契約直後に整理をすると、貸金業者が任意整理や特定調停に応じない可能性が高いので、何回か借金返済してから手続きを行った方がいいでしょう。一つの金融業者から借りている場合は、債務が限度額上限に達して、多重債務になる以前に整理をするというのも一つの方法です。